お知らせ

プレスリリース

オフィスドキュメントは、作成から廃棄までのサイクルにおいて、それぞれ重要文書、読後廃棄、複製禁止、要保管など様々な性格を持ちます。paperlogicでは、税務・会計・法務の領域で原本の保管を法律で義務付けられている書類を完全にペーパーレス化(紙原本廃棄)するソリューションを提供します。

paperlogic(旧バージョンのTIWC VDRを含む)サービスの導入事例をご紹介します。実際に企業でどのようにpaperlogicを活用いただいているか、文書の電子化、ならびにe-文書法等の法令対応を検討される際の参考になれば幸いです。事例は今後順次掲載を増やしていきます。

▼サービスのお申込みはこちら▼

(旧バージョンをご希望のお客様はご相談下さい)

▼旧バージョンログインはこちら▼


▼取扱代理店▼

下記代理店から弊社サービスをお申込みいただけます。各社の特長を活かした導入コンサルティングも提供可能です。詳しくはお問合せ下さい。

▼紙書類の保管にお悩みのご担当者へ▼

e-文書法セミナー・講演
ご依頼承ります。

ペーパーロジック代表取締役 横山公一が、e-文書法・電子帳簿保存法・会社法・電子署名法等を踏まえ、文書電子化のポイントについて導入事例を交えながら実践的に解説いたします。

ピックアップ

  1. 2018年9月12日より、企業ロゴを変更いたしました。
  2. 週末の9月8日、第311回SDG相続ドック・グループ月例ノウハウ研修会において、横山公一が「働き方改...
  3. 2018年7月20日(金)TAP高田馬場において、代表の横山公一が不動産業向けの電子契約をテーマに講...