お知らせ一覧

電子証明書

電子的な身分証明書と言えるものです。 持ち主の身元を保証するものですので、 これにより、確かにその人がその組織に所属し、実在することを示すものです。

このため、しかるべき認証機関が発行したものを用いるのが通常です。 認証機関としては、有名なところでは

  • Symatec (VeriSign)
  • GlobalSign

などがあるほか、

  • 日本国政府 (法務局)
 が発行するものなどもあります。 これは、商業登記や e-Tax に利用することが認められています。 身分証明書ですので、しかるべき認証機関は、その人の存在確認を経て発行するのが通常の手続きです。

電子証明書を使うと、 電子データに「署名」をおこなうことができます。 「署名」することで、作成者の特定や、改ざんの検知が可能になります。

TIWC VDR では一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) の発行する JCAN 証明書(GlobalSign) を利用します。

関連記事

コメントは利用できません。

トピックス

  1. 企業文書を電子化・ペーパーレス化するクラウドサービス「paperlogic」とクラウド型ワークフ...
  2. 電子契約、2023年「導入済み」の企業は73.2%、昨年対比3ポイント増「電子契約」導入理由...
  3. 【1000名以上の大企業|電子化実態調査】「請求書」の受領方法、「100%電子受領」「電子受領が...
  4. 【大企業経理担当者に聞いた!インボイス制度直前調査】約5割の企業は、請求書の電子化システム「導入...
  5. ペーパーロジックは契約書や請求書など法定保存文書を完全に電子化・ペーパーレス化(紙廃棄)するクラウドサービスを提供しています
    paperlogic電子契約/電子書庫においてJIIMA電帳法電子取引ソフトウエアの法的要件認証を取...
  6. 【大企業のペーパーレス推進状況を調査】電帳法のスキャナ保存、過去書類も含め「全面的に電子化予定」は6...
  7. 有償電子契約利用の課題に関する調査サマリー
    有償で利用する「電子契約」、92.6%が積極的に導入「取引基本契約書」や「業務委託契約書」、「売...
  8. 【介護・医療業界のインボイス登録実態について調査】登録済は49.5%、登録予定は23.3% ...

≪代表横山の著書が発売されました≫

≪紙書類の保管にお悩みのご担当者へ≫

e-文書法・電子帳簿保存法
セミナー・講演ご依頼承ります。

ペーパーロジック代表取締役 横山公一が、e-文書法・電子帳簿保存法・会社法・電子署名法等を踏まえ、企業のペーパーレス化のポイントについて導入事例を交えながら実践的に解説いたします。